読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳浪人生活 9 @332

30歳浪人生活綴り

髪を切りに行った
変に緊張。店の雰囲気を損ねてはいけない、と押し入れからオシャレ着を引っ張りだす。いつもランニングウェアなので重い…。若干タンス臭かったので香水付ける


いざ斬髪。
斬髪のとき、苦手なのが話しかけられた時。話しかけられる、少し返答する、沈黙のエンドレスが苦手なので黙々と斬髪していただけるのが非常にありがたいのだが…。私の人柄が話好きそう、らしいので、話めっちゃふられる(有難いことではある)。職業柄、何回も話振っていただくの悪いなぁ、話していただいているので、話繋げないとまずいなぁ…と思い長めに話できるネタ用意して話すー結果疲れる。


コレ…美容室あるあるじゃない?
じゃあ黙っておけば?と結論になるのだが、それは非常に甘い。店員と客の立場ではあるのだが、どんな関係であれ「愛想」とは非常に大事。客の立場でも最低限愛想良くしておけば、店側も愛想良くしていただけることが「よくある」。ここで注意点、「盛大なサービスを提供してくれる」ではなく、「最低限気前良くやってくれる」

美容院側も、話繋げてくれる人は正直やりやすい、とお声を多所からいただいているので、「最低限」話は繋げた方がいい、と私は思っている。この「最低限」模索中…。難しいッス。


黙ってても当然綺麗に仕上げてくれる。多少失礼なことしても当然綺麗に仕上げてくれる。ここ日本なので店側対応よろしい国なんです。しかし接客業してた身、店員さんの裏側が気になる身…。こう返した方が答えやすいか、いま黙ってる方がいいか、などめッッッちゃ、考えてしまう。



色々意見かいたが、客の立場である以上、変に考えすぎないで、最低限のマナーまもって楽に接客受けた方が絶対いいな…と強く感じた。疲れる。





勉強
過去問貰えるらしい。早めに貰いこ。

広告を非表示にする